アメリカ会社設立は国際法務・税務・会計のプロフェッショナルがサポートします。

アメリカ会社設立 アメリカ会社設立  
お電話受付時間(アメリカ西海岸9:00-1800 月-金)
Tel: 714-957-6001
アメリカ会社設立 アメリカ会社設立 アメリカ会社設立 アメリカ会社設立 アメリカ会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
会社の種類
(1)会社の種類と特徴
(2)法人化のメリット
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
商標と登録
(1)商標とは何か
(2)商標の種類と商用名
(3)商標の登録と方法
(4)商標登録の費用と効力
(5)商標の優先権 
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
契約法
(1)契約とは何か
(2)契約の種類
(3)契約の成立条件
(4)口約束は成立するか
(5)契約不履行と賠償請求
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用法
(1)雇用法の体系
(2)連邦法か州法か
(3)採用時の注意点
(4)従業員は解雇できるか
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
税法
(1)税法の歴史と体系
(2)所得税と所得の定義
(3)週所得税とユニタリー税制
(4)会社形態と税法
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
会社法
(1)会社法の歴史と体系
(2)株主の有限責任
(3)資本と株式
(4)組織と役割
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
証券法
(1)証券法の歴史と体系
(2)証券法 1933
(3)証券取引法1934
(4)小額募集と規制
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
著作権法
(1)著作権法の歴史と体系
(2)保護される著作と著作者
(3)著作権取得方法と保護期間
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
税務の実務@
(1)所得税の体系
(2)所得税計算の方法
(3)総所得の定義
(4)所得調整控除
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
税務の実務A
(1)居住者と非居住者
(2)米国滞在期間テスト
(3)居住者の税務
(4)非居住者の税務
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
税務の実務B
(1)キャピタル資産の定義
(2)キャピタルゲイン課税の概要
(3)キャピタルゲイン課税の例外
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
税務の実務C-法人
(1)売り上げが発生する時期
(2)売り上げが発生する場所
(3)事業形態による課税
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務@
(1)複雑な雇用法
(2)連邦法か州法
(3)最も厳しいCAの雇用法
(4)監督行政機関
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務A
(1)被雇用者の種類
(2)間接労働者と雇用法
(3)独立請負人の長所と短所
(4)独立請負人の管理
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務B
(1)エクゼンプト
(2)時間外割増賃金の除外
(3)エクゼンプトの種類と特徴
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務C
(1)採用の手順と注意点
(2)採用と雇用差別法
(3)自由意志雇用の原則
(4)面接での注意点
(5)バックグラウンドチェック
(6)ジョブオファーの注意点
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務D
(1)義務とされるベネフィット
(2)義務とされないベネフィット
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務E
(1)雇用差別法
(2)差別の定義
(3)白人も差別は適用される
(4)EEOC
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
雇用管理の実務F
(1)セクシャルハラスメントの概略
(2)セクハラの定義と法的側面
(3)セクハラの事例
(4)雇用者の責任と対応
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
日米間の年金の仕組み@
(1)社会保障協定の概略
(2)加入すべき社会保障制度
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
日米間の年金の仕組みA
(1)年金加入期間の通算
(2)通算による年金額
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
移民法@
(1)ビザの種類と概要
(2)訪問者ビザ
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
移民法A
(1)投資家ビザの概要
(2)貿易家ビザの概要
(3)Eビザ取得用件
(4)Eビザ取得の手続き
アメリカ 会社設立
アメリカ 会社設立
 
質問コーナー

アメリカ会社設立に関して、よくある質問を&形式でお答えいたします!

現在、私は日本に住んでいます。米国に住所を持たなくても、米国 で会社を設立できるでしょうか?

米国に住所を持たなくても、当社提携の国際法律会計事務所があなたの会社の登録代理人(Registered Agent)となりますので、日本にいながら米国で会社を設立、運営できます。また、会社の取締役、執行役員(Officers)も米国籍、米国住人でなくても構いません。


私は、現在、私一人で、会社設立を考えています。一人でも会社設立はできるのでしょうか? それとも、私以外に何人かの役員が必要でしょうか?

米国では、ほとんどの州で一人でも、会社設立はできます。一人で、必要な役職を全て兼務できます。


会社設立の依頼をしてからどのくらいで設立が完了しますか?

設立する州によって若干違いますが、垂オ込み書を当社で受領してから、10日から2週間で完了します。また、州政府に割増料金(Expedite Fee)を支払えば(100ドル前後)、これよりも早く完了します。


米国での事業展開を考えています。会社設立以外にどのようなサポートを提供されていますか?

当社では、会社設立以外に、米国で事業を展開する際に必要な法律、税務、会計、その他のマネジメント、事業代行サービスを提供しています。


ネバダ州は州の所得税がないと聞きました。ネバダ州で会社を設立し、カリフォルニア州で事業を行えば、州所得税はどの州にも払わないでよいのでしょうか?

ネバダ州に、州所得税がないのは事実ですので、ネバダ州で会社を設立し、ネバダ州だけでビジネスを行えば、州所得税はどの州にも支払う必要はありません。しかし、カリフォルニア州や他州で事業を行うには、事業を行う州に登録をする必要があり、その州で発生した利益には州所得税が課されます。また、その州で登録をしなければ、その州で銀行口座を開く事も出来ません。


米国で会社を設立する計画をしていますが、米国では、事業を一切行いません。どの州で設立すのが最も有利でしょうか?

税金面とその後の会社の維持費を考えるとハワイ州が最も有利です。 ハワイ州は州所得税はありますが、カリフォルニア州のように最低所得税がありませんので、州内で事業を行わなければ州所得税は発生しません。また、毎年の維持費も州政府に25ドル支払えば会社は継続できます。さらに、ハワイ州政府は、米国では最もIT化が進んだ州の一つですので、会社設立、税務錐吹Aその他の政府への届出や情報収集がオンラインで簡単にできます。


日本でのみ事業を行いますので、米国での所得税の支払いは必要ないのでしょうか?

連邦政府に所得税を届ける必要があります。米国会社は、所得の源泉に関わらず、世界所得を届ける必要があります。ただ、日本で所得税を支払っていれば、支払った所得税は米国の所得税から控除されます。


カリフォルニア州の最低州税(Franchise Tax)について教えてください?

カリフォルニア州では、カリフォルニア州で会社設立を行った全ての会社(Corporation, LLC)と州内で事業をおこなっている全ての会社(Corporation, LLC)に毎年800ドルの最低州税を課しています。


法人設立後、税務会計などの会社維持は誰かに依頼できるのでしょうか?

当社提携の国際法律会計事務所に依頼することができます。 税務会計の専門家が貴社のサービスを行います。


会社の設立に際し、コーポレートシール、株券は必要でししょうか?

いいえ、必要ありません。コーポレートシールは法的に、全く効力はありません。また、使う機会は全くありませんし、単に飾りにすぎません。また、株券も発行する必要はありません。株券よりも、株主名簿、取締役会の議事録、会社に資本金が入金された証拠がより重要です。



ホーム : PMCについて : サービス内容 : 質問コーナー : お問い合わせ : サイトマップ : 米国で起業し成功する方法

Pacific Management Center
666 Baker Street, Suite #405 Costa Mesa CA 92626 USA
tel: (714)957-6001 fax: (714)957-6006 cell: (714)957-6001
Eメールでのお問い合わせ : info@infopmc.com

Copyright ©2011 Pacific Management Center. All Rights Reserved.
トータルブランディング by オールビジョンプロダクション